1ヵ月ほど右指の爪を短くします。

ギターの音色は右手の弾く位置によって変わります。
弦を固定するための台、下駒(サドル)と呼ばれる場所の近くで弾くと音が硬くなり、サウンドホールの上や指板周辺で弾くと音が丸く、柔らかくなります。
下駒.jpg

これとは別に音色を変える手法としてうちの教室では弦に対する指の角度や深さでも音色を変えたりしております。
こちらがその動画。右手の位置はサウンドホールの上と変わっていないのに音色は変わっているのがわかると思います。

爪で弾く場合、弦に対して垂直に爪を当て、爪の裏全体を滑らせて弦を弾くと硬めの音が出ます。
対して右腕を少し前(下)に出し、爪の左側の縁を弦に当て、そこから中央に向かい爪の先を滑らせるように弾くと音が柔らかくなります。
注意する点としては、腕や手首を捻ったりせずに指を曲げると自然とそうなる角度を探すことです。

これは参考になるかわかりませんが、つま楊枝を弦に見立ててその動きを表してみました。
スリッパがダサい!


こちらは大体その切り替えで音色を変えている演奏です。
先日の発表会で弾いた演奏ですが、演奏内容もそうですし、途中飛ぶ小節を間違えたりしていて(2分40秒あたり)お恥ずかしい限りですが、音色切り替えの参考になれば幸いです。
1分2秒あたり、1分51秒あたりを聞き比べると斜めと垂直の音の違いが出ていると思います。
本来はサウンドホール上で位置をほぼ変えず弾こうとしたのですが、1分51秒のタッチは右にずらしてしまっていますね。残念。
この記事を書く事を想定して演奏に臨んだのですが、色々てんぱってしまいました。
この演奏についてはまた後日書くかもしれません。

学校の方針、お仕事の関係、ライフスタイル、様々な理由で爪を伸ばせない方も多くいらっしゃいます。
そんな方々は指頭奏法という爪を使わない弾き方があります。
次の演奏はほぼ指頭奏法で弾いています。
ただ、爪を伸ばした状態の指頭奏法なので角度などそのために工夫してしまい、爪を伸ばしていない方には参考になりにくいと思います。

一応今回の同じ場所での音色の切り替えは爪を伸ばせない方の指頭奏法にも通ずるものがあるのですが、ギターを始めて1ー2年の方は切り替えが上手くいかない方もおり、これは角度や深さを研究せねば…とこの度右指の爪を切る事にしました。

半年くらい前は確か爪の生え方による押弦やスラーの研究のために左指の爪を伸ばしていましたが、今度は逆ですね。
1ヵ月ほど右指の爪が短く、爪で弾く方にはレッスン時にご参考にし難い部分も出てきてしまうかもしれませんがお許しください。

この記事へのコメント

丸山
2024年03月14日 09:01
お久しぶり。
今は引っ越して九州にいるんよ。
バッハのリュート曲とチェロ組曲全部とソルのギター曲全部やったんよ。
全音ギターエチュードシリーズが後タレガだけで全部終わるよ。
そろそろコンクール出ようかと考えてる。
またね
丸山
2024年03月14日 10:46
あ、そうそう。これまでの経過なのですが、
24~30才まで2日で弾ける曲を毎週4曲とアンサンブル3曲2重奏1曲とか、6年で700曲はやったよー(*≧∇≦)ノ
30~35才まで仕事ハメ(^-^;
35~39才まで鍵盤楽器でインベンションやってたんだけど、今年で40才なんよねぇ。
まだまだ鍵盤楽器やらなきゃいけないのだが…
来月から池田シンジ先生に習おうかと思ってたりするんよね。
合う先生だと良いのだが…
では
市川亮平
2024年03月14日 22:02
丸山君

お久しぶりです。
ご近況をありがとう。
お元気そうで何よりです。

練習量や演奏量に頭が下がるばかりです。
凄いなあ。

新しい先生との良いご縁やコンクールで満足な演奏ができる事を祈っています。
無理はせず、お身体お大事にお過ごしください。
丸山
2024年03月14日 23:53
バッハのリュート組曲の1番のブーレを最後オクターブ上げて最後をピかルディ終止に持っていく編曲とかしたかな。
いつだったかな、前にすすめたCDのマルコソシアスはあれから大阪に来日したみたいね。
YouTubeでらいぶ映像が見れたよ、流石にソナタジョコーサを弾き始めたらお客さんのテンション上がってるね
博多のギターの先生もソシアスは「あれは名演でしたね!」って言ってたね
最近はハナバッハの緑やめてサバレスの520Rにしてるのだけど、音程が細い方がビブラートも効く…かな?
有るのか無いのか分からないビブラート→次の音程が近づくにつれて加速していくビブラート。
ようやく打てた笑
ビブラートは良いけど、グリッサンドがまだ出来ないんよねぇ
有るのか無いのか分からないグリッサンド→段々加速していって拍にパチっとハマるグリッサンド、…出来なーい笑
取り留めない話になってましたね。
こっちはそれなりに元気よ
市川亮平
2024年03月15日 04:41
丸山君

色々研究熱心なのは相変わらずですねー。
その探求心とギターへの情熱があれば今できない事もいつか出来るようになると思います。
丸山
2024年03月16日 03:26
そう言えば、以前大学で高い位置で音を鳴らしたと思うけど、もうだいぶ前だから忘れちゃったかな?
あれは実音が残響に切り替わる時ちょっと音が上がるじゃん?
そこで同じ位置で音を打つ、で、実音が残響に切り替わったら同じ位置で音を打つ、これを繰り返していけば高い位置で音が鳴るようになるよ。
意識出来ない位、高い位置で音を打つようになったら意識する点はそのままでイスより下の位置に音を下げれば、再び実音が残響に切り替わる時に音を上げれるようになるよ。
ジャクリーヌ=デュ=プレのエルガーのチェロ協奏曲で1楽章の旋律的短音階で似たことしてたから、どうやったのか考えて、やってみたら、なんと、イェペスが20枚組の中のソルのエチュードで同じ事をやってたのです。
まぁ、セゴビアの魔笛の最終変奏の4弦12フレット上空のハーモニクスを実音よりごんぶとな音で弾いてるのは、未だにやり方が分からないかな。
セゴビアのハーモニクス、凄すぎ
最早オーパーツだよ(・・;)
カラヤンのフォルテもどうやるのか分からないかな、ジュリアーニ25のエチュードをやったら多少は強弱は心の中に芽生えるけれども流石にカラヤン程のフォルテは出来ないわー
セゴビアのセビーリャも凄いかな。
Gメジャーの最高音がそこまでデカイ音が出るわけないだろ(^-^;
まぁ、基礎練習や音作りしても曲は上手くはならないから…音楽は質より量だからね。
ソルは変奏曲はやってもあんまり何にもならない感じがしたが、幻想曲が教育的な気がしたかな?メヌエットは難しいっちゃ( ̄▽ ̄;)
結局一番勉強になって演奏会にもそのまま使えるのはエチュードという…
op.6は5日で弾けた、op29はだらだらやったからあんまり…
人に教えてるならソルのop44が良いかも学校出てからやったけど、それなりに楽しかったかな?
カルカッシは100曲近くやっても何故か上手くならないよ。
テクニカルだしね。
カルリ45とかコスト43とかも良いかも?
キレイな曲沢山入ってるし、コストはラジオ出演した時弾いたけど、割と良かったみたいね。
初心者用のヤツはカルカッシ50のエチュードとかになるかな?
カルカッシ50は音楽的に難しい気がするかな。
カーノは3拍4連とかが目立つかな?
ギター名曲集は色々な楽派がバラバラに入ってるから個人的には好きじゃないかなぁ。
音楽はパターンで出来てるからパターンに慣れれないよね
作曲家なりパターンなり固定してやった方が早いから、生徒にも先生にもお互いの負担が少ないし、早く上手くなれるからねぇ。
まぁ、ロマン派のパターンの音楽を習おうとしたら当時ついてた先生に「俺もよく分からん…」って言われてしまった( ̄▽ ̄;)
まぁ、2重奏が一番上手くなるけどね
上手くなるのは2倍は早い。
今言ったソルの44とかコストとか、やったことないならやった方が良いかな。
音楽は簡単とかテクニックは関係ないからね
あ、YouTube見たけど、あれだけの内容のワルカーの小さなロマンスが弾けるならもうやっちゃったのかな?
作曲家を固定すると作曲家の音色が分かる時があるね。
ソル軽い、ホルボーン正確な音程、バッハ重厚、カルリ柔らかい、みたいな?
今年の、目標はバッハのBWV995~1012まで全部習うか、ヴィラ=ロボスまだやってないから、そこら辺やろうか、悩み中…
ロボスは独奏曲が20曲ちょいだから上手くなれる曲数ではあるね、
ちょっと足りないかな?(・・;)
バッハは充分数は足りてる、というか、リュート曲だけで充分な気がしたけど…
学校にいた時はかえるのうたが弾けるか分からないメロディー感だったかな?
そんなんでサパテアード弾いた日には「丸山君の演奏は気配なく指が動くから、聴いてると、ここは弾けないだろうな…って思ってると指が動くから!こんなのあり得ない!弾けるわけ無いのに」って言われた事あるね( ̄▽ ̄;)
お、話が長くなった。
では。
市川亮平
2024年03月16日 05:47
丸山君

作曲科や演奏家の特徴をしっかり捉えて、自分の演奏に繋げるというのは素晴らしいですね。
私もそうありたいのですが中々…
それを目指して精進します。
丸山
2024年04月10日 07:49
音色は手が右から入って、かなり姿勢を崩して弾いてた時期はあったけど、
ほぼ水平に爪が弦に入る感じかな?
今は斜め45℃ぐらいかなぁ。

所で、
フェルナンデスレモンオイルでギターを磨いたらきれいになるけど、これ、デメリットもあって、指板の中の汚れと結合すると化学反応で白濁することがあるみたいだけど、
指板がカラカラに乾燥して弦が長持ちするんだけど、レモンオイルの中にはトリートメント成分があるものもあるから、トリートメント成分が音がくもるね。
ポリッシュはあんまり試してないけど、ポリッシュはあまり変わらないのかな?
レモンオイルやオレンジオイルは音色が違うね
10代の頃からずっとギター磨いてます(笑)
白濁しないようにポリッシュで指板を綺麗にしてから、最後にフェルナンデスレモンオイルかなぁ。
まぁ、クラシックギター用のレモンオイルは音が曇る物が多い印象だけど。
ポリッシュが値上がりしたから新しいポリッシュを最近は探し中…
フェルナンデスレモンオイルは大阪の本社が潰れて流通が悪くなったみたいだけど、一応まだ手に入るけどね。
トリートメント成分が全く入ってないから乾燥させるには良いよ。
白濁するかもってのが、一番の心配な要素…
僕は白濁してないけどね。
音に重みを増やすならドクターダックスっていうワックスが良いかな?
ポリッシュ→レモンオイル→ワックスの順番で3つ使ってる
ワックスは最近初めて使ったんだけどね。
ドクターダックスは音量は小さめな印象。
フェルナンデスレモンオイルは大きな音がする印象。
トーラスアーミーは音がくもるレモンオイルな気がするけど、どれが良いかな?
市川亮平
2024年04月11日 08:34
丸山君

非常に貴重な情報をありがとうございます。

その知識・経験の蓄積をこういった町の小さなギター教室の、読む人も少ないブログコメント欄で披露して頂くのは大変申し訳なく思います。
考えたのですが、自身でサイトや無料ブログを作り、あるいはSNS等でその情報を発信してみてはいかがでしょうか。

貴方が築き上げてきた経験は、きっと多くのクラシックギターを愛好される方のお役に立つのではないかと感じます。

例えば「〇〇在住のギタリストのクラシックギターブログ」とタイトルを付けて情報を発信していったり。
内容に興味を持った愛好家の方々が集まり、もしかしたら現在お住まいの地域のギター愛好家の方々との新しい友情が生まれたりするかもしれません。

ここでの情報発信はそういった貴方の未来に繋がる良い可能性は生まれないと思うので、コメントは大変ありがたいのですが、申し訳なさを感じてしまいます。

稚拙ではありますが、真剣に愚行した結果の提案と、ご検討頂ければ幸いです。

丸山
2024年04月11日 16:08
いやいや、身の回りで音にこだわるのは市川君ぐらいだよ。
ブログってお金かかるイメージあるけど?
それに楽器を磨く、これは否定的な考えを持つ人も多いんです。
まぁ、レモンオイルを指板につけるのはフレットの浮きに繋がるという説があるのね。
フレットが浮けばフレットが抜け落ちたり、音程が狂ったりするという説がある
だから、定期的に制作家に「僕のギターは絶対にフレットがおかしいはずだ」といって、見てはもらうのだが、
何故か異常無しで返ってくる(・・;)
弦を張り替えるたびに指板は磨いてるのだが…?
今回は楽器のボディにオレンジオイルを使ったけど、悪くない音色。
が、多分、自分には分かるけど、お客さんには伝わらない範囲の違いかもしれない。

あ、でも音色にこだわりすぎも考えものですよ
ピアノ専攻の人が6月に湿気るから楽器が鳴らないとかでピアノにドライヤーかけたとか、聞いたかな
大胆すぎて流石にすすめれない(^-^;
木は水蒸気と熱で曲げる訳だが、ギターの側面坂なんかはそうみたいだね
ドライヤーかけたら曲がる可能性があるね。
音は鳴るだろうけど、楽器としてなんの不具合が出てもおかしくはないね。

で、ホームページにしても、ブログにしてもお金かかるんでしょ?
市川亮平
2024年04月11日 21:13
丸山君

ホームページはサーバーを有料(安いのだと年3000円くらい)で借りて運営する場合が多いので多少お金はかかるかもしれません。

ブログは基本無料なので安心して良いと思います。
私もブログを10数年やっていますが、その間無料です。
運営会社にも寄ると思いますが、自分のブログに表示される広告を消したい人は月500円~1,000円くらい支払うと表示されなくなるといったサービスはあります。

私は以前にやっていたブログがサービス停止となり、現在シーサーブログにお世話になっております。
一から始めるなら色々な選択があると思うので「無料ブログ おすすめ」等で検索して選んでみてください。

良い情報発信の場が見つかる事を祈っております。
丸山
2024年04月12日 20:58
あ、やった。
ブログが作れた。
どうにも機械はわからないんですよねぇ。

Googleで「アメーバ 丸山 クラシックギター」で絞り込みしたら、出てくるみたい。
ありがとう。
ブログやってみるね
市川亮平
2024年04月13日 20:58
丸山君

ブログ拝見しました。
とても緻密でわかりやすく、参考になる方も多いと思います。
ブログを書くことをお薦めして良かったです。

ブログを書かなければ…といった義務的な心理に陥る人もいるようですが、無理はせず自分のペースで書きたい時に書けば良いや、くらいの気持ちで続けてみてください。
ご健勝を祈っております。